病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。

また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

脳腫瘍とは

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側にできる腫瘍のことです。他の臓器の癌が脳へ転移してきた転移性脳腫瘍と、脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍があります。原発性脳腫瘍の発生率は人口10万人当たり年間約10人の頻度と言われています。脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現在でも分かっていません。

脳腫瘍ができると、慢性的な頭痛、吐き気、視神経の異常(しびれやまひ)のような症状がみられるようになります。現在の医学では、CT検査やMRI検査などの画像検査を行うことで、脳腫瘍の有無やどの場所にあるのか等ほぼ100%診断することが可能です。

治療方法は、手術により患部を全摘出することが最も有効ですが、正常の脳を傷つけると手や足が動かなくなるので、すべての腫瘍を摘出できないこともあります。放射線療法や抗がん剤による化学療法を併用して治療を行うこともあります。

良性と悪性の乳腺腫瘍とは?

乳腺腫瘍とは、乳腺に発生する腫瘍で良性のものと悪性のものが存在します。

乳腺にできる悪性腫瘍の殆どは乳がんです。女性がかかる癌で最近最も多いのは乳がんで、約20人に1人の女性が経験すると言われています。症状には、乳房やわきの下のしこり、引きつり、くぼみ、乳頭やその周りの異常です。その中でも、ほとんどの症状が痛みを伴わないしこりです。硬い場合が多いですが、やわらかい場合もあります。しこりを押しても痛みはほとんどありません。

乳がんになる原因の最も大きなリスク要因は遺伝的なものですが、以下の点に当てはまる人もなりやすいと言われています。

・初潮年齢が早かった
・出産経験がない
・初産年齢が遅かった(30歳以上)
・閉経年齢が遅かった

現在、乳がん患者数は年々増え続けています。患者増加の背景には、日本人の食生活の欧米化による肥満、高齢出産や独身の増加などがあります。

30代40代の女性でも発症することの多いがんです。若いからと油断せず、乳房の異常に気づいたら、専門医を受診して必要な検査を行うことが大切です。

乳がん以外にも、乳腺肉腫と呼ばれる悪性腫瘍もあります。この場合の治療法は、手術または化学療法で治療します。乳がんに比べると発生率が非常に低い病気です。

腎臓に起こる病気

腎臓には体内の老廃物を尿として排泄する機能があります。老廃物は「糸球体」と呼ばれる腎臓の中にある網目のような構造をもった組織で濾過されて、尿として体外に出ていきます。この機能が正常に働かなくなった状態が腎不全です。機能が動かなくなると、体内にある老廃物を上手く排出することが出来なくなります。

腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全に分類することができます。急性腎不全は、薬剤など何らかの原因によって急激に腎臓の機能が低下しますが、適切な治療を受けることによって回復する可能性は高いです。しかしながら、慢性腎不全になると、治療を施しても腎臓の機能は回復することはありません。腎不全の進行を抑えるため治療となります。

末期の腎不全になると、人工透析か腎臓移植を行わなければなりません。

腎臓には色々な腫瘍が発生しますが、ほとんどの腫瘍が良性の腎嚢胞です。

尿をつくる部分にできる悪性腫瘍のことを腎がんと呼び、10万人当たり男性で7人、女性で3人ほど発生すると言われています。高齢の男性が発症することが多く、加齢に伴って発生頻度が高まる癌です。

医療保険や先進医療について

医療保険とは、病気やケガで通院・入院したり手術を受けたりした時に発生した医療費の全額または一部を補償する保険です。国民健康保険などの公的医療保険と、民間医療保険があります。

国民健康保険は、健康状態に関わらず誰しもが加入でき、収入によって保険料が変わります。反対に、民間の医療保険は、保険内容や補償額によって保険料が変わりますし、加入時に健康状態などの審査が課せられるのが特徴です。

民間の医療保険には、先進医療対応の医療保険があり、人気があります。先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度で最先端の医療技術を用いた療養のことです。先進医療の費用は、一般医療と比べて技術・治療効果は高いのですが、技術料が非常に高く、健康保険の適用対象外である為、その治療費用は全額自己負担となります。先進医療対応の医療保険があれば、万が一の時に安心して高度医療を受けることができるでしょう。

医療保険は、主に「入院給付金」と「手術給付金」という2種類の保障から成り立っています。「入院給付金」は、対象となる病気やケガで入院をした場合に、支払い限度日数以内で入院1日あたり5,000円~2万円などの決められた額が支払われます。「手術給付金」は、給付金の支払い対象となる手術を受けた場合に、入院給付金日額の5~40倍程度の額が支払われるものが一般的です。

生命共済と生命保険

生命共済と生命保険は、どちらとも病気やケガよる治療費や入院費、また死亡保障までを補償する商品ですが、商品を運営する母体が異なります。

生命保険 は、営利会社である民間の保険会社によって運営され、金融庁による監督を受けています。生命共済は、JAや生協などの非営利団体によって運営されており、加入者みんなで困っている人を助けるという考え方のため、利益を求めているわけではありません。

また、生命保険の場合は、契約者が比較的自由に補償内容を設定することができます。不要だと思う補償内容は外したりと個々でカスタマイズすることができるのが有利な点だと言えるでしょう。一方、生命共済の場合は、個々で補償内容を設定することができませんので、補償が軽めであることがあります。

前立腺がんとは

前立腺は男性のみが持つ臓器で、精液の一部を作成しています。膀胱の下部に尿道を取り囲みように位置しています。大きさはクルミほどの大きさです。

以前は患者数が少なかった前立腺がんですが、近年増加の傾向にあります。2006年には前立腺がんと診断された人が年間約42,000人となり、2020年には78,000以上となることが予測されています。日本人の高齢化や食生活の欧米化、肥満が増加にある原因と考えられています。

前立腺は高齢の男性に多くみられるがんです。発症率は50歳以降から急激に増え、発症の平均年齢が70歳といわれています。

前立腺がんの初期段階では特に自覚症状は現れません。

前立腺がんが大きくなると、排尿の回数が増えたり、尿が出にくかったり、血尿、排尿時に痛みを伴うことがあります。これ以上に進行した場合には、前立腺がんが骨に移転し腰痛等の症状が出ることもあります。

喉頭がんとは

喉頭とは、分かり易く言うと「のどぼとけ」のことで、食道と気道が分離する箇所に気道の安全装置として発生した器官です。喉頭に発生する悪性腫瘍を喉頭がんと呼びます。

自覚症状が分かり易いため、比較的早期に見つける事ができる癌と言えます。代表的な症状は、のどの痛みや違和感、声のかすれ、嚥下障害(飲み込み難い)、首のしこり、血痰、呼吸困難などです。

喉頭がんは、腫瘍ができる場所によって分類されます。声帯の上の方にできる「声門上がん」、整体声帯にできる「声門がん」、声帯の下や気管の上部にできる「声門下がん」があります。

喉頭がんの原因は喫煙や飲酒と言われますが、実際は、患者の約90%が喫煙者です。喫煙者と非喫煙者では喉頭がんになる確立が約30倍上がると言われています。

喉頭がんの場合、放射線治療がまず始めに行われます。理由としては、喉頭がんには放射線治療が効き易いこと、そして、喉頭が存在する場所は声を出す・飲み込む・呼吸をするなどの大切な機能が備わっているところのため、できるだけ本来の機能を残したまま癌を取り除くことが可能だからです。

個人年金型保険を選ぶ理由

近年人気なプランは、個人年金型の保険です。今後いくら年金が貰えるか分からないご時世、ゆとりのある老後のために、積立として個人年金型の保険に加入する方が増えています。

ゆとりある老後を過ごすためには、35.4万円/月が必要だという調査がありますが、実際には現在高齢者世帯1世帯あたりの平均所得金額は25.8万円/月だそうです。

いくつか受け取り方に種類があり、将来の年金の受け取り金額が決まっている「確定年金」、生涯年金をもらうことができる「終身年金」、積み立てた保険料の運用によって受け取ることができる年金額が変わってくる「変額年金」など好みによって選択できるようになっています。

「確定年金」は、決められた期間だけ年金が受け取れる形式です(5年・10年・15年など)。この期間中に本人が亡くなってしまっても期間中は必ず給付されます(遺族が受け取ることになります)。絶対に掛け捨てにはなりません。

「終身年金」は、公的年金と同様に生きている限り年金を受け続けることができる保険です。保険料は高めですが、一生受け取れるので安心です。しかし、早めに亡くなった場合、死亡以降は給付されません。早く亡くなると、結果として元本割れになったり、返戻率が低いことがあります。

ペット保険について知りたい

家族の一員である大切なぺットですが、体調を崩した時に使える公的な健康保険がありません。

保険に入っていないと、病気やケガで動物病院の治療を受けたとき、かかった費用の全額を負担しなければなりません。ペットが病気やケガで動物病院にかかった際の治療費や手術代、入院費用などの一部を保障するのがペット保険です。 ペットの食事内容や飼育環境の向上、そして獣医療の高度化により、ペットの高齢化が進んでいます。高齢化が進むと同時に、ガンや糖尿病、白内障などの病気になるペットが増えているのも事実です。人間以上に治療費や入院・手術費が掛かることもあるので、こんな時にペット保険が欠かせません。保険があれば、医療費用を気にすることなく必要な治療を受けることができるでしょう。

年々ペット保険の需要は増加傾向にあります。保険会社からも多種多様なペット保険が発売され、より選択肢が広がってきています。商品によっては、医療費の補償の他にペットが他人に怪我を負わせてしまったり、他人のものを壊してしまい損害賠償責任が生じた場合に補償する賠償責任特約がセットされたものもあります。

ペット保険に加入できるペットの種類は、一般的には犬と猫です。また、ペットとして人気の鳥、うさぎ、フェレットをカバーする商品も珍しくありません。

 

バイク保険の大切さ

バイクに関する保険は、自賠責保険と任意保険の2種類があります。

自賠責保険は強制で加入しなければならない保険です。自動車も自賠責保険の加入対象です。法律で定められている保険ため、どこの保険会社でご加入いただいても保険料は同じです。また、排気量や契約期間により自賠責保険料が変わってきます。

公道を走る全ての車やバイクに加入が法律上義務付けられており、もし加入しないで公道を走行した場合、違反者には、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金、6点の違反点数が付き、30日間の免許停止となります。過去に免許停止等の行政処分を受けている場合はこの限りではありません。

自賠責保険では、被害者が負傷した場合又は死亡した場合の損害を補償(死亡:3,000万円まで、損害: 120万円まで)していますが、自賠責保険だけでは全ての補償をカバーすることができません。

基本的に、自賠責保険は被害者を保護するための保険であるので、被害者に対する補償はありますが、他人の所有物に損害を与えた場合や、本人の身体については補償されません。賠償額にも上限があり、万一被害者が亡くなった場合、1名につき3,000万円までしか補償されません。

Pages