病気や事故に負けず幸せな生活を

脳腫瘍とは

脳にある動脈が詰まったり破れたりすることで、脳の神経細胞に障害を起こす病気を脳卒中(提携広告)と呼びます。脳卒中は、その原因によって「脳梗塞」「脳出血」等に分類されます。

提携広告

 

 

 

脳腫瘍とは頭蓋骨の内部に発生する腫瘍を指します。脳腫瘍の中でも、脳や脳を取り巻く組織の細胞から発生した腫瘍を「原発性脳腫瘍」、脳以外の部位から転移してできた腫瘍を「転移性脳腫瘍」と呼びます。原発性脳腫瘍の発生率は人口10万人当たり年間約10人の頻度と言われています。脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現在でも分かっていません。

脳腫瘍ができると、慢性的な頭痛、吐き気、視神経の異常(しびれやまひ)のような症状がみられるようになります。このような症状が出た時には、速やかに病院へ行きCTやMRI検査を受けるべきです。現在の医学では、CT検査やMRI検査などの画像検査を行うことで、脳腫瘍の有無やどの場所にあるのか等ほぼ100%診断することができます。

治療方法には、「外科手術」「放射線療法」「薬物療法」があります。最も効果的な方法は外科手術で腫瘍を取り除くことですが、脳は細かい神経や血管が多く複雑な組織のため手術で全て摘出することは難しいと言えます。正常の脳を傷つけると手や足が動かなくなるので、すべての腫瘍を摘出できないこともあります。放射線療法や抗がん剤による化学療法を併用して治療を行うこともあります。

提携広告

 

 

 

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血の巡りが低下することによって脳組織が酸欠や栄養不足に陥り、このような状態が続いた結果、その部位の脳組織が壊死してしまったものです。一度発症すると脳の細胞はほとんど再生しないので、脳梗塞で失われた機能は取り戻すことができず、後遺症が残ってしまうことがあります。

脳梗塞が起こると、数分後には脳細胞が壊死し始めます。時間が経つ程、ダメージが広がるため後遺症も大きくなります。後遺症を軽減するには、一刻も早く医療機関で診断を受け、治療を始めることが必要です。

脳梗塞の主な危険因子は高血圧、高脂血症、糖尿病(提携広告)ということから、脳梗塞は生活習慣病のひとつと言われます。生活習慣病や喫煙は、脳梗塞の原因のひとつとなる動脈硬化を促進します。

 

提携広告