病気や事故に負けず幸せな生活を

胆嚢がんと胆管がん

肝臓で生成される胆汁は胆嚢で溜められ、胆管を通って十二指腸へ流れ出ます。胆嚢と胆管を合わせた部位の総称は胆道で、胆道にできる悪性腫瘍を胆道がんと呼びます。

 

提携広告

 

 

胆嚢がんとは、胆嚢と胆嚢管から発生する悪性腫瘍です。胆嚢は右上腹部に位置し、肝臓と十二指腸をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓器で、肝臓で分泌された胆汁を一時貯留しておく機能があります。発症年齢は60歳から70歳代が多く、やや女性に多い癌です。
 

胆嚢がんは自覚症状や初期症状がほとんど出ないため、早期発見が非常に困難な癌です。胆石を合併することが多く、合併している場合には激しい腹痛が起こることもあります。また、胆嚢は小さな臓器のため、周囲の臓器に転移する可能性も高いと言えます。

 

提携広告

 

胆管がんとは、肝臓から十二指腸までの胆汁を流す管である胆管に発生した悪性腫瘍の総称です。
 

胆管は太い所でも直径が1〜7mm程度と細いため、小さい癌でも早期の段階で胆汁の流れを止めてしまい黄疸症状が出ることによって発見されることが多くあります。胆管がんになると、白色便や黄疸尿、かゆみ、腹痛、倦怠感、食欲不振などの症状が見られるようになります。進行が早い癌なので、このような症状が出た時点で、既に進行がんとなっている可能性が高いです。
 

一般的に治療方法は外科手術となります。がんの発生場所によっては、肝臓や腎臓や胃などを切除するケースもあるため、患者の身体には大きな負担となり、手術が実施できなかったり、手術中に無く死亡してしまう可能性もあります。手術ができない場合には、抗がん剤治療や放射線治療を選択することとなりますが、その効果は限定的と言えるでしょう。

 

 

提携広告