病気や事故に負けず幸せな生活を

肝がんと肝臓の病気について

肝臓がんになっても初期の段階では自覚症状はありません。検査を受けなかったために肝炎にかかっていることに気がつかず、いつの間にか肝臓がんに進行していることがあります(提携広告)。

肝臓がんの多くが肝炎や肝硬変から発症するものです。長期に肝細胞の破壊と再生を繰りかえすことによってがん化すると考えれています。
 

提携広告

 

 

 

 

自覚症状無く末期に進み、肝臓の自己修復機能を失った頃に症状が現れる怖いがんです。その症状は、体重の減少、食欲不振、だるさ、微熱、腹部の張り、便秘・腹痛、黄疸などと言われています。このような症状が現れた頃には、手術もできないほど進行しているケースがほとんどですので、肝臓がんから身体を守るためには定期検査を受けることがとても大切です。

特にB型肝炎やC型肝炎ウイルスの感染者は、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんと進む可能性が高く、世界の肝臓がんの約75%はB型肝炎やC型肝炎が原因となっているため、肝臓がんを予防するには肝炎ウイルスへの感染予防が大切です。

 

提携広告

 

 

 

B型肝炎(提携広告)の場合、母児感染や性交渉、輸血などで感染します。C型肝炎ウイルスより感染力が強いですが、慢性化することはあまりありません。C型肝炎はB型肝炎ウイルスと比べると感染力が弱いですし、性交渉や母子間で感染する可能性は低いと言われます。しかし、感染者の約7割が慢性化し、肝硬変や肝臓がんへ移行する可能性が高いです。

肝臓がんには、肝臓から発生した「原発性肝がん」と他の臓器から転移した「転移性肝がん」に分けられます。肝細胞がんや胆管細胞がんは、肝臓や胆管の細胞ががんとなる病気であり、「原発性肝がん」の種類です。原発性肝がんのうち肝細胞がんが90%を占めると言われています。

提携広告