病気や事故に負けず幸せな生活を

糖尿病とは

糖尿病になると、インスリンと呼ばれるホルモンの作用が低下します。インスリンは細胞が血液の中からブドウ糖を取り込みエネルギーとして利用する助けをしてるので、インスリンの作用が低下すると、ブドウ糖(血糖)を上手く利用できなくなり血液中のブトウ糖(血糖)が多くなってしまいます。

糖尿病で一番怖いのは合併症です。失明など目の病気や腎臓の病気になり透析が必要になることが起こり得ます。

糖尿病には大きく分けて「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2種類があります。

「1型糖尿病」は、すい臓からインスリンが全く分泌されない状態である為、体外からインスリンを入れなければならず、インスリン注射が欠かせません。年齢に関係なく発症します。

糖尿病患者の10人に9人が「2型糖尿病」です。成人に多い糖尿病です。肥満や運動不足等をきっかけに発症し、よく「生活習慣が悪かったので発症した」と呼ばれるタイプは2型となります。

糖尿病にかかってしまった時、一番怖いのは合併症です。糖尿病になったら必ず合併症になる訳ではありません。適切な治療を受けることによって防ぐことができます。

糖尿病の代表的な治療方法は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。

「食事療法」では身体活動量に見合った食事をするように指示を受けます。栄養の偏りや過剰摂取に気をつけましょう。糖尿病患者には肥満の方が多いことは事実なので、「運動療法」では運動不足を解消しダイエットをすることができます。合併症を持つ方の場合には、症状を悪化させてしまう事もありますので、必ず医者の指示に従ってください。症状の状態によっては、「薬物療法」として血糖値を下げる薬を処方されることもあるでしょう。