病気や事故に負けず幸せな生活を

婦人科疾患の症状や原因

子宮頸がんは、女性の子宮頸部に発症するがんで、婦人科疾患の中でも大変ポピュラーなものです。20代から30代の女性発症するすべてのがんの中で第一位であり、毎年約10,000人が発症し約3,500人が亡くなっています。子宮がんと呼ばれるがんのうち約7割を占めます。

子宮頸がんを発症すると、子宮や子宮周辺の臓器を摘出しなければいけなくなる可能性があるので、妊娠の機会を失ってしまうことがあります。

禁煙、子宮頸がん患者のほとんどが、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染していることが判明されました。HPVは性交渉を経験したことのある女性の80%が感染するといわれています。子宮頸がんワクチンを受けることで、HPVの感染を予防することにより子宮頸がんの発症を防ぐことができます。

子宮内膜症もポピュラーな疾患です。本来、子宮内膜は子宮の内腔に存在するものですが、卵巣や骨盤の腹膜などの子宮以外の場所で増殖する病気を子宮内膜症と呼びます。20代~40代の女性に多い病気と言われています。

主な自覚症状は、つらい月経痛です。病気の進行とともに痛みがどんどん大きくなるのも特徴です。以前と比べて月経痛がきつくなったと感じる人は子宮内膜症を発症している可能性があります。

子宮内膜症は不妊症の原因ともなりますので、なるべく早めに治療を開始することが大切です。

更年期とは、平均51歳で訪れる閉経をはさんだ前後約10年間のことです。

閉経が近づくと、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。ホルモンバランスの乱れが原因で、身体的や精神的に不調となることを更年期障害と呼びます。

更年期の代表的な症状は、ほてりや発汗、めまい、だるい、肥満、肩こり、腰痛、意欲低下、不安感やイライラなどです。症状がひどい場合には、ホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的と言われますが、漢方薬やピルを使って症状を安定させることもあります。

更年期以降、これまで女性ホルモンによって機能していた臓器や組織にも、その影響があらわれることがあります。例えば、子宮体がん、卵巣がん、乳がん、脳卒中、虚血性心疾患、骨粗しょう症などです。また、感情をコントロールすることが難しくなり精神的な疾患が現れることもあるでしょう。

Tags: