病気や事故に負けず幸せな生活を

うつ病の種類や病気症状

うつ病とは、不眠、不安、抑うつ状態、焦燥、食欲低下、意欲減退などを症状とする精神病のひとつです。

うつ病になる原因は日常にたくさん存在していますが、多くの場合には病気に至ることはありません。苦痛な出来事が起こっても、何日か経てば普通に社会生活ができるようになります。しかし、大きな挫折をしたとか辛い出来事がくり返し発生した場合に、精神を復元することができず憂鬱な気持ちが続き社会復帰できない状態が2週間以上経過するとうつ病である可能性が高いでしょう。

放置すると悪化する可能性がありますが、適切な治療を受ければ大体の場合に完治することが多いです。治療方法はストレスを軽減するための十分な休養と薬物療法によるものとなります。

症状によってうつ病にも様々な種類があります。

通常のうつ病は「単極性うつ病」と呼ばれ、うつ状態が続くことが主要な症状ですが、「躁うつ病(双極性障害)」という躁(興奮状態)とうつ状態をくり返す症状を持つ病気が存在します。

躁の時は調子が良く夜寝なくても平気な程大変活発になりますが、すぐに気が散ったり怒りやすくなります。法的な問題を起こしたり高額な買い物をして借金を作ってしまうなど、本人に自覚がないまま周囲に迷惑をかけてしまい人としての信用を失う結果になることもあります。

治療方法には薬物療法と精神療法ががあります。躁うつ病は再発が多い病気なので、医者の指示無く治療を辞めることのないように気をつけなければなりません。

パニック発作もうつ病の一つです。突然、動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状が現れると共に、「死んでしまうのではないか」という強い不安や恐怖感に襲われることをパニック発作と呼びます。身体に悪いところが無いにも関わらず、このような発作症状が起こることをパニック障害と呼びます。

身体には異常が無い為、うつ病や不安神経症、過呼吸症候群、自律神経失調症などと診断されてしまうことがあります。

パニック障害が日本で認知されてきたのは最近ですが、約100人に1人の割合で起こる病気と言われ、それほど珍しいものではありません。

中には特に治療をしなくても回復する人もいますが、主な治療法としては、抗うつ薬などの投薬や精神療法によるものです。